MENU

妊娠中に注意すること

 

妊娠がわかったら注意することについて

妊活が長かった人にとっては妊娠が分かった時はとてもうれしい気持ちになったと思います。ですが、この妊娠が分かった時期というのは妊娠初期といって何が起きるかわからない時期ということを自覚する必要があります。

 

妊娠中はアルコールやたばこは決して摂取してはならないですので、妊娠が分かった時点で止めましょう。

 

また、予防接種などもできない時期なのでなるべく人が多いところには出かけないようにしましょう。さらに、気分がすぐれないときは無理をせずに体を横にして過ごすようにしましょう。

 

妊娠中期はマタニティー時期を楽しもう

安定期に入れば少し安心してもよい時期と言われています。ですが、妊娠とは奇跡に近いことなので何が起きるかまだ分からないので十分に注意をして過ごすようにしましょう。また、つわりが終わって食欲が増すママが多いと思いますが、ここでおいしいご飯を多く摂取しすぎてしまうと急激に体重が増加します。

 

急激な体重増加はおなかの赤ちゃんだけでなくママにも大変危険ですので、量を考えてバランスの良い食事をとるようにしましょう。

 

妊娠中期にマタニティースイミングやマタニティーヨガを始めたりすると気分もリフレッシュするでしょう。

 

妊娠後期は、太らないように運動もOK

妊娠後期になると、おなかが大きくてなかなか動くことが難しくなってきます。ですが、ここで動かないとどんどん体重が増加してしまいます。少しでも体を動かすためにお散歩に出かけたり、お掃除をしてみましょう。

 

ただし、おなかが張りやすい人は無理をせずにリラックスをして過ごしてください。

 

赤ちゃんがいよいよ生まれてくるので、入院の荷物の準備チェックや赤ちゃんの洋服や哺乳瓶など準備していたものをもう一度確認しておくと安心です。また、出産届など事務的なことは妊娠中にパパやおばあちゃんにお願いをしておいてから、行ってもらうといいでしょう。